英語の発音がよくなる10のコツ

英語のイントネーションのコツ

英語のイントネーション

イントネーションがないと英語は通じない

日本人の英語会話の特徴、それはとにかくイントネーションが平坦なこと。日本語がそもそもイントネーションがあまりない言葉なので仕方ないのですが、日本人英語のイントネーションのなさはネイティブにとって日本人の英語をいっそう分かりにくくします。アメリカ人がコンニチハ、としゃべるとき、コンチハと“ニ”をやたら高く発音するのを聴いたことがある人も多いと思います。何故かというと、アメリカ人はイントネーションをつけないと話せないからです

アメリカ人にマクドナルド、ケンタッキー、チョコレートなどとそのまま言っても、まずわかりません。イントネーションをつけて、ックーナルドと、マとドを強く言わないとだめです。

恥ずかしがらずに発音しよう

日本語はイントネーションが弱く、とてもフラットな言語です。そのため、日本語をずっとしゃべってきた日本人にとって、イントネーションを大きくつけてしゃべるのはとて違和感があり、恥ずかしさが伴います。

また、口の使い方も大きく違います。日本語では口は余り大きく開かず口先と舌の動きだけで発音しますが、英語ではほほの筋肉全体を使って話す感じになります。

アメリカ人のように英語を発音すると初めは筋肉が疲れる感じを覚えるかもしれませんが、それを乗り越えないとネイティブのような発音は出来ません。オーバーにイントネーションをつけるくらいが丁度いいのです。

恥ずかしさの壁を越えていけるかどうか、これがナチュラルな英語の第一歩です。おおげさなくらいにイントネーションをつけて発音しましょう。

練習しよう♪ 英語の発音が上達する教材

自然な英語発音を身につけるためには、ネイティブの発音を真似てくりかえすことが大切です。本サイトで発音のコツをつかんだら、定評ある教材を使って自分 で練習してください。

英 語舌のつくり方。じつはネイティブはこう発音していた!
わかりやすい解説で、ネイティブの発音に近づけるためのテクニックを学べます。

DVD&CD でマスター 英語の発音が正しくなる本
映像と詳しい説明を収録した充実の内容で口、舌の使い方を学べます。

DVD&CD 付 日本人のための英語発音完全教本
発音の基礎から詳細な内容まで。発音をより詳細に学びたい方向け。


このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者のおすすめ教材♪