英語の発音がよくなる10のコツ

日本人が間違いやすい英語の発音 - 「M」と「N」の発音

「M」と「N」の英語発音とリスニング

MとNは簡単なようですが、実はほとんどの日本人は正しく発音できていません。これもカタカナ教育の弊害です。こんな簡単な英語発音すらほとんどできていないのが悲しいかな、日本人英語の実情なのです。MとNの発音が多少変でも、たいていの英語ネイティブは文脈から理解はしてくれます。しかし、MとNのような基本的な英語の音はやはり正しい発音をしたいものです。M、Nはいろいろな単語に出てくる英語の基本的な音なので、英語リスニングを上達するうえも、音の特徴をしっかり学習することが必要です。

たとえば、「Sample」という英単語をカタカナでかくと「サンプル」となってしまいますが、日本語の「ン」で発音してしまうのは大間違いです。「Sample」の「m]は、日本語にはない音なので、意識して発音しなければ絶対に正しい英語の音は出せません。ポイントは、口から息を出すのではなく、鼻から息を出す、という点です。

Mの英語発音

  1. 口を閉じる
  2. 口を閉じたまま「ンー」と音を出してみる
  3. 鼻に空気の圧力がかかるのが感じられるはず

これが[m]の基本的な音です。日本語のマミムメモは口のさきっぽだけで音を出し感じですが、英語の[m]は口の奥から鼻のあたりで音を出すので、音がこもる感じがします。

発音例:をクリックすると発音が聴けます(Chrome、IE、Safariに対応)。

  • M
  • mother
  • man
  • more
  • him
  • some

Nの英語発音

  1. 口は軽く開いた状態で、舌全体を持ち上げて、上の歯茎につける。(舌で上の歯茎にふたをするイメージ)
  2. そのまま「ンー」と音を出してみる
  3. 鼻に空気の圧力がかかるのが感じられるはず

これが[n]の基本的な音で、鼻を使って音を出のは[m]と同様です。日本語のナニヌネノは口のさきっぽだけで音を出し感じですが、英語の[n]は口の奥から鼻のあたりで音を出すので、音がこもる感じがします。

発音例:をクリックすると発音が聴けます

  • N
  • no
  • note
  • niece
  • nice
  • nation

練習しよう♪ 英語の発音が上達する教材

自然な英語発音を身につけるためには、ネイティブの発音を真似てくりかえすことが大切です。本サイトで発音のコツをつかんだら、定評ある教材を使って自分 で練習してください。

英 語舌のつくり方。じつはネイティブはこう発音していた!
わかりやすい解説で、ネイティブの発音に近づけるためのテクニックを学べます。

DVD&CD でマスター 英語の発音が正しくなる本
映像と詳しい説明を収録した充実の内容で口、舌の使い方を学べます。

DVD&CD 付 日本人のための英語発音完全教本
発音の基礎から詳細な内容まで。発音をより詳細に学びたい方向け。


このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者のおすすめ教材♪