英語発音

「L」と「R」の発音とリスニング


英語発音のトップに戻る >> 英語発音をもっと練習する

L、R の英語発音とリスニング


L・Rの発音の違い


英語において「L」と「R」のリスニングと発音はとても重要です。なぜなら、英語にはLとRで紛らわしい単語がたくさん存在するからです。ちょっと英語の単語例をあげると、riceとlice(しらみ)、rightとlight、readとlead、fryとfly、prayとplay、correctとcollectなど。これらの単語は英語の会話では日常的によく使うものなので、いかにLとRの音を区別することが大切かお分かりいただけるでしょう。またreally、recentlyのように一つの単語の中にLとRが登場する頻出単語もたくさんあります。

例えば、アメリカでタクシーに乗っていて、「次の信号を右に」と英語で言うには”Turn right the next light”となります。RとLが苦手な日本人はどきどきしてしまいますね。

まず、リスニングしてみよう

では、LとRで意味が異なる単語の発音を聴いてみましょう。これらの単語は英会話の中でも頻出するので明確に発音しましょう。リスニングでも聴き分けができた方が誤解がうまれません。
をクリックすると発音が聴けます。ブラウザはChrome、IEに対応。)
Rの発音   Lの発音  
right light
road load
correct collect
read lead
pray   play
fry fly
rake    lake
erect elect
rice lice 
       
 RとLが両方入った単語の発音
 really    recently  

それでは、次に発音方法を解説します。LとRの発音は以下のように発音すれば英語ネイティブっぽい音になります。日本人の「ラ行」の発音はどちらかというと”L”に音的には近いので、”R”の発音の方が難しいと思います。



Lの発音方法


まず日本語でラリルレロを発音するときの舌の位置を確認してください。舌が口の上部のちょっと前にあたりますよね。Lを発音するには舌をさらに前の方、歯 茎、もしくは前歯の後ろのあたりにつけるようにしてください。この位置を意識しながらラリルレロ、と発音すればもう英語のLの音になるはずです。簡単ですよね。

余談ですが、日本語の「ラ行」の音は、ローマ字表記では”R”ですが、これが大きな問題だと思います。日本語の「ラ行」はどちらかというと近い”L”を使いのですから、「ラ行のローマ字表記は”L”にしたほうがよいのではと思います。


Rの発音方法


日本語のラリルレロの舌のまま、舌全体を奥に引き込みます。これがRの音になります。
ここで注意するのは巻き舌にならないように。ありがちなのは、英語のRは巻き舌だ、 と思い込み、やたら舌を巻く人がいますが、これは不自然です。Rは巻き舌ではなく、。日本語で普通に“ラーー”と発音したまま、舌の高さをキープしながら舌全体を奥に(苦しくない程度に)ひっこめるのです。この舌全体をおくに引っ込める、というのが英語のRの発音のポイントです。


LとRの難関はリスニング


L・Rの発音は練習すればなんとかマスターできますが、リスニングはやっかいな音です。英語ネイティブに紛らわしい単語のLとRのリスニングりテストを受けてもらったところ、当然ながら一問も間違えませんでした。ネイティブいわく、「英語スピーカにとってLとRは全く違う音だから、間違えようがないよ」とのことです
RとLは発音は簡単だけどリスニングが難しい音でなのです。
中学の授業でも一応発音方法は習うため、日本人の多くはRとLの発音はわりと出来ていることが多いですが、リスニングとなるとアメリカに数年在住している人でも苦手とする人が多いようです。

では何故日本人はL・Rのリスニングが出来ないのでしょうか?先ほどのRとLの発音方法からも分かるように、日本語のラ行の音は、舌の位置がRとLの中間にあることが 原因かと思われます。日本語のラ行の音は、RとLが混ざったような音なので、この音に慣れてしまった我々の耳はRとLを区別できないのです

余談ですが、逆に英語ネイティブにとっては日本語のラ行の発音はちょっと難しく、どうしてもRかLのどっちかで発音してしまうようです。

LとRのリスニングの練習


LとRのリスニングで聴き分けられるようになるには、Rice、Liceなどの間際らしい英語の単語について、英語ネイティブスピーカーの発音を何十回も ひたすら繰り返して聴いて見てください。まずRiceだけを何十回も聴いてみて、その直後にLiceを聴くと音が違う、というのが感じとれると思います。 イメージとしては、Lの音の方が軽い、空気が軽く抜ける感じで、Rは空気が振動する、ちょっと空気が押しつぶされたような感じがします。

日本人にとって英語発音の難関の一つがLとRです。苦手意識のある人も多い発音ですが、舌の位置を意識すれば発音は以外と簡単にマスターできるはずです。

   Copyright(C)2007 ワンランクアップの英語発音.COM