英語の発音がよくなる10のコツ

日本人が間違いやすい英語の発音 - See・She・Sea・C

「sea」、「she」、「see」、「C」の英語発音とリスニング

英語の発音記号では、Sea[siː]、She[ʃ iː]となります。[s]と[ʃ]の 区別はとても重要です。日本人には難しい音ですが、英語ネイティブははっきりと音を区別しています。 日本人が発音すると、Sea[siː]と言っているつもりでも大体はShe[ʃ iː]と聞こえてしまいます。またアルファベットの“C”の発音はSea[siː]と同じですが、これ も多くの日本人がShe[ʃ iː]と発音してしまっています。舌のつけかたと空気の出し方がポイントです。

まずはリスニングから。よく聴き比べてください。[s]は空気の抜ける音がすることに注意して聴いてみてください。音の違いがはっきりしている と思います。 [s]が聞き取れるかどうかで英語のリスニング力は相当違ってくると思います。

発音例:を クリックすると発音が聴けます(Chrome、IE、Safariに対応)。

s ʃ
sea, see, C she
sit shit
seat sheet
sip ship
same shame
sell shell

[s]の英語発音―sea, sit、C、seeなど

Sea、see、Cはこの音です。

  1. 舌を前上の歯茎から口の上方部のあたりにくっつける(場所は自分がやりやすい場所でOK)
  2. 舌をつけたまま息を吐く
  3. このとき、空気が抜ける音がする

これが[s]の基本です。空気が鋭く抜ける感じを覚えてください。無理やり日本語の「ス」の音を出してはだめです。この音はちょっと難しいかも しれませんが、大切なのでマスターしましょう。

[ʃ]の英語発音―she, shitなど

Sheはこの音です。

  1. 舌の両端を、上の奥歯に軽く当てる
  2. このとき、舌は口の上部には触れない
  3. 「シー」と発音してみる。

これが[ʃ]の音です。これは簡単で、日本人であれば自然に発音できる音です。

Sit[sit](座る)が、Shit[ʃ it](くそったれ)と聞こえてしまっては大変です。。。しっかり区別しましょう。

練習しよう♪ 英語の発音が上達する教材

自然な英語発音を身につけるためには、ネイティブの発音を真似てくりかえすことが大切です。本サイトで発音のコツをつかんだら、定評ある教材を使って自分 で練習してください。

英 語舌のつくり方。じつはネイティブはこう発音していた!
わかりやすい解説で、ネイティブの発音に近づけるためのテクニックを学べます。

DVD&CD でマスター 英語の発音が正しくなる本
映像と詳しい説明を収録した充実の内容で口、舌の使い方を学べます。

DVD&CD 付 日本人のための英語発音完全教本
発音の基礎から詳細な内容まで。発音をより詳細に学びたい方向け。


このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者のおすすめ教材♪