英語の発音がよくなる10のコツ

「V」、「B」の発音とリスニング 

「Vest」と「Best」、「V」と「B」の英語発音とリスニング

VとBの英語発音です。Bの音は日本語と同じなので問題ありませんが、Vは日本語にない音なので発音もリスニングも練習が必要です。最近では、英語のカタカナ表記でもVはブではなく、「ヴ」という表記がされれるようになってきましたが、やはりVもBも従来のカタカナ英語教育のせいで、ほとんどの日本人はVとBを区別せず正しく英語発音できていないのが実態です。

”V”は日本語にはない舌の使い方をするので、R、Lよりも発音は難しいと思います。Vの音がある英語の単語はそれほど多くはないので、困るケースは少ないのですが、ネイティブにとってはBとVでは全く違う音ですから、やはり正しく発音したいところです。

ではまずリスニングから。日本人にとってVは発音もリスニングもとても難しい音ですが、Bと比べると空気がすれるような音がするので注意してリスニングしてみてください。

発音例:をクリックすると発音が聴けます(Chrome、IE、Safariに対応)。

V B
vest best
vase base
vote boat
vat bat
violin
vacation

Vの英語発音―vest, violinなど

英語のVの発音は、日本語にはない摩擦音なので発音を苦手としている人も多いでしょう。Vのつく単語は、Five、Violin、Vestなどがあります。

  1. 前歯で軽くした唇を噛んだまま
  2. 「ブ」と発音してみる
  3. その際、下唇が軽く振動しているのが感じられるはず

これがVの音です。唇が振動している感じがポイントです。英語のVの発音では、上の前歯を下唇に置くこと。そしてこすれるような感じの音だ、という2つのことを覚えておいてください。

Bの英語発音―best, batなど

英語のBの発音は日本語の「バ行」同じです。Vとの区別さえ意識しておけば問題はありません。

練習しよう♪ 英語の発音が上達する教材

自然な英語発音を身につけるためには、ネイティブの発音を真似てくりかえすことが大切です。本サイトで発音のコツをつかんだら、定評ある教材を使って自分 で練習してください。

英 語舌のつくり方。じつはネイティブはこう発音していた!
わかりやすい解説で、ネイティブの発音に近づけるためのテクニックを学べます。

DVD&CD でマスター 英語の発音が正しくなる本
映像と詳しい説明を収録した充実の内容で口、舌の使い方を学べます。

DVD&CD 付 日本人のための英語発音完全教本
発音の基礎から詳細な内容まで。発音をより詳細に学びたい方向け。


このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者のおすすめ教材♪